仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

集団認知行動療法を受ける

1時間、ちゃんと受けてきました。

座学がメインでたまに質問されるくらいのFラン大学のような雰囲気でした。

話している内容は申し訳ないのですがあまり参考にはならないというか、すでに本で読んだことを聞かされているだけで意味はほとんどなかったです。

ただ、次回までにやっておく宿題のようなものが出たのですが、それはとてもいい感じのワークシートで、これをもらえただけでも収穫があったと思いました。

 

グループワークの前に診察を受けましたが、SSRIはもらえませんでした。僕の主治医はいい加減な性格なのか、あまり薬に頼りたくない性格なのか、どちらにせよあまり薬は出しません。

 

今回もらったワークシートは認知行動療法を続ける上でこれからも役に立ち続けるほどの出来栄えだったので、コンビニに行ってとりあえず20枚コピーしてきました。

足りなくなったらまたコピーして、僕の症状がよくなるまで延々と使い続けようと思います。

 

そういえば集まった人は全員女性の方でした。男は僕だけ。たまたまですかね?

明後日は別の種類のグループワークがあるので、その時もちょっと男女比を数えてみます。

別に男性でも普通に受ける治療法なんですがねえ・・・?

恥ずかしいとかそういうのではなく、単純に不思議な感じがします。

 

話がちょっと戻りますが、SSRIはやっぱり出してもらいたかったなーって思います。

抗不安薬だと効き目がなかったものですから、他の薬にもチャレンジしてみたいと思ったんですが、自分から言うのもドクターショッピングをしているような感じがして如何せん言い出せませんでした。

なのでやんわりと言ったのですが、それでは伝わらなかったようです。

ただ、次回行った時ははっきりと言ってみるつもりです。

それで苦虫を噛み潰したよう顔をされるかもしれませんが、可能性があるならいくらでもすがります。

自分の人生なので。ぶっちゃけ自分がよければどうでもいいです。

昔は他の人のことを考える余裕がありましたが、今はもうあまり残っていないのかもしれません。

プライバシーポリシー