仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

自分のプログラミング遍歴

最初:C言語

初めてプログラミングに触ったのが中2の時だったと思います。

ただこの時はC言語のあまりの難しさに挫折してしまいました。

ポインタが分からなかったのです。

2番目:Processing

マイナー言語です。しかしプログラミング初心者でもとっつきやすい言語です。

ラズベリーパイと相性が良く、海外ではそれなりに人気の高い言語でした。

僕はラズパイではなく「アルディーノ」と呼ばれるマイコンの制御に使っていました。

3番目:JavaScript

去年のブログで「今年初めてJavaScriptを触った」とか言っていましたが、間違えでした。だいぶ前にJavaScriptは触ったことがあります。

この時はなにをしたのかさっぱり思い出せません。もしかするとconsole.logとかalertとかで遊んでいただけなのかもしれません。

4番目:Java

オブジェクト指向にあこがれていた私はJavaに手を出しました。

しかし何もわからずに挫折しています。

GUI部分分からなさすぎますし、関数名長くて覚えられないし、IDE重たいしで嫌になりました。

ところでJava有償化されたってマジ?信じられんぞ。そんな言語前代未聞です。

5番目:C++

OpenCVを使う関係で習得しました。

サーバーもC++で書いたくらいにはのめりこんだ言語です。

vector大好き。

画像処理・画像識別・機械学習など様々なことに使いました。

今はJavaScriptが一番好きですが、それまではC++が一番好きでした。

6番目:PHP

C++でサーバーを書くことに限界を感じたので勉強しました。

驚くほど簡単にサーバが組めて感動しました。

PHPはC++と組み合わせて使うことがほとんどでした。

7番目:Python

人工知能の研究をするために習得。

C++の次によく使っていましたが、あんまり好きにはなれませんでした。

2系と3系で互換性が無いんですよね。

Anacondaは環境破壊してきますし、あまりいい思い出はありません。

現在:JavaScript

phina.jsでゲームを作っているので現在はJavaScriptをメインに使っています。

やってみて分かりましたが、結構なんでもできる言語でした。機械学習もできます。

「PHPとJavaScriptはクソ」なんてよくネタにされているのを見ますが、個人的にはそうは思いませんでした。

 

いろいろとやってきたわけですが、まともに使えるのはC++とPythonとJavaScriptだけです。しかもクソコードしか書けません。

「動けばいいんだよ」という精神でやってきたので仕事じゃ通用しません。

なので、runstantでコード公開するの死ぬほど恥ずかしいんです。GitHubやらないのもそのせいです。

以上、僕のプログラミング遍歴でした。

プライバシーポリシー