仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

PHPで画像処理をしてみる

こちらのサイトが参考になりました。
https://php.plus-server.net/function.imagecolorat.html
PHP: imagesetpixel - Manual
PHPの画像処理ライブラリ?であるGDを使って、PHPでビットマップデータをいじってみます。

画像のインデックスを取得する

画素値を取得するには”imagecolorat"関数を使います。

<?php
$img = imagecreatefrompng("SampleImage.png");

$rawRGB = imagecolorat($img, 250, 250);
$r = ($rawRGB >> 16) & 0xFF;
$g = ($rawRGB >>8) & 0xFF;
$b = $rawRGB & 0xFF;

echo "赤色=" . $r . "<br>";
echo "緑色=" . $g . "<br>";
echo "青色=" . $b . "<br>";
?>

画像によって値は違いますが、こんな感じで表示されます。
f:id:mizukinoko:20200923094338p:plain

二値化処理をしてみる

使う画像は前に僕が描いた絵です。
f:id:mizukinoko:20200924211607p:plain
これを二値化してみます。

ソースコード

<?php
//画像を読み込む
$img = imagecreatefrompng("SampleImage.png");

$width = imageSX($img);
$height = imageSY($img);

//空画像を作る
$testImg = imagecreatetruecolor($width, $height);

$black = imagecolorallocate($testImg, 0, 0, 0);
$white = imagecolorallocate($testImg, 255, 255, 255);

for($y = 0; $y < $width; $y++){
  for($x = 0; $x < $height; $x++){

    //画素値を取得する
    $rawRGB = imagecolorat($img, $x, $y);
    $r = ($rawRGB >> 16) & 0xFF;
    $g = ($rawRGB >> 8) & 0xFF;
    $b = $rawRGB & 0xFF;

    //二値化
    $grayScale = round(($r + $g + $b) / 3);
    //echo "$x : " . $x . " $y : " . $y . " = " . $grayScale . "<br>";

    if($grayScale < 120){
      imagesetpixel($testImg, $x, $y, $black);
    }else{
      imagesetpixel($testImg, $x, $y, $white);
    }
  }
}

imagepng($testImg, "testImage.png");

imagedestroy($img);
imagedestroy($testImg);

echo "処理終わり";
?>

実行結果

f:id:mizukinoko:20200924212053p:plain

グレースケールにした後、閾値120で二値化しています。
大津の二値化を使えばもっと綺麗に二値化できると思いますが、めんどくさくてやりませんでした。

OpenCVとだいぶ勝手が違ったので戸惑いましたが、これはこれで面白かったです。
画像処理のWebアプリとかを作るのに役立ちそうです。
画像をドット絵に変換するWebアプリとか作ろうかな・・・

プライバシーポリシー