仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

猫用ドライシャンプー:ペットキレイ 水のいらない リンスインシャンプー

猫が口内炎になり、よだれで体がガピガピになってしまった。

猫は小さいころから風呂に入れていると、嫌がらずに入ってくれるようになるけど、うちの猫は風呂に入れたことがないので水に入れると猛烈に抵抗する。

でも風呂に入ってもらいたい。

ということで、ドライシャンプーを買った。

僕はアマゾンではなくホームセンターに行って買ったので600円くらいした。

たぶん、ドライシャンプーの中では最安値なんじゃないだろうか。

使った感想

シャンプーというからベタベタしているのかと思ったけど、かなりさらさらしていた。

泡をとって猫の体に塗ると水みたいになっていく。

泡をよくなじませた後は乾いたタオルでふき取るらしいけど、個人的にはまず濡れタオルで拭いた後に乾いたタオルで拭いたほうがいいと感じた。

それと、よだれで体が汚れている猫の場合は、ブラシを使って汚れを落とすほうが効果的だった。普通にシャンプーする感覚で汚れを落とそうとしても、よだれがこびり付いて中々落ちなかった。

あと、3プッシュで1か所洗えるくらいの泡が出るので、全身を洗おうとすると結構な量のシャンプーが必要になる。

今回はよだれで汚れている箇所だけを洗ったのでそんなに使わなかったが、外に行く猫を洗うときは結構なスピードでシャンプーがなくなると思った。

シャンプー中の猫の様子

シャンプー中は割とおとなしかった。結構水っぽいシャンプーだったので大暴れするかと思いきや、「なんなのだこれは、どうすればいいのだ」という感じでおとなしかった。

ただ、前足を触られるのが嫌だったらしく、この時は少しだけ暴れた。

それでも普通に風呂に入れるよりはおとなしかった。

総評

ワンコインで買えるシャンプーだったので少し不安だったが、猫が舐めてもなんともなかったので大満足。

皮膚があれるということも今のところは起きてないので、その辺も大丈夫だと思う。

ただ、よだれのようなこびり付いた汚れは中々落ちにくかったので、ブラッシングや濡れタオルで拭くなどの工夫は必要。

普通のシャンプーとして使うなら、シャンプータオルよりもはるかに汚れは落ちると思った。

プライバシーポリシー