仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

目の前に雷が落ちた

高校2年生の7月だったと思います。突然スコールに遭いました。

どうせすぐに止むだろうと思った僕は、自転車置き場の屋根の下でスコールが過ぎ去るのを待っていました。

僕の他にも雨宿りをしている人がいて、ちょっとした雑談をしながら雨が止むのを待ちました。

しかし10分経っても20分経っても雨が止む気配がありません。

おまけに風も強くなってきて、屋根の下にいても雨を浴びるようになってきました。

 

雨宿りをしてても濡れるならさっさと家に帰るかーって感じで駐輪場から飛び出した瞬間、

タ゜オ゛オ゛オオンンン!!!!

みたいな爆音がして目の前に雷が落ちました。

 

雷の衝撃で破裂?したアスファルトの破片がバチバチと体に当たりました。

あまりの衝撃に身をかがめてしまいましたが「二撃目がきたら今度は死ぬ」と思ったので、すぐに駐輪所に戻りました。

あの時は本当に死ぬかと思いましたね。

 

雷に打たれる確率は1000万分の1らしいです。今年のサマージャンボで1等が当たる確率と同じです。

じゃあ雷が目の前に落ちる確率ってどのくらいなんですかね?

なんにせよ貴重な体験をしました。

プライバシーポリシー