仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

ゲーム制作の進捗(70日目):方針転換

チェストと手持ちのアイテムを別々に管理するようにした

チェストに近づいてEキーを押すと、チェストを開くことができます。ここら辺はテラリアっぽい感じです。

いずれチェストが開くアニメーションも付ける予定です。

f:id:mizukinoko:20190625151339g:plain

チェスト付近にいることを証明するために、当たり判定を自作しました。

矩形判定を拡張するのにかなり手間取りましたが、何とか実装することが出来ました。

アルゴリズムをよく理解していなかったのがダメでしたね。

全部phina.jsにまかせっきりだったので、そういうところが抜け落ちていました。

NW.jsを使ってアプリ化を目指す

NW.jsとはソフトウェアフレームワークのことで、Electronと同じようなことができます。

ただ、Electronではゲーム素材を秘匿化することができないのですが、NW.jsではそれが出来るようになります。

そうなればブラウザゲーム不可の素材も使えるようになり、ゲームをより豪華に作ることができます。

また、毎月のサーバ代も払わずに済みます。

このような理由から、今後はNW.jsを使ってアプリ化を目指していこうと思います。

問題点

セーブデータをどうするかという問題があります。

JavaScriptではローカルのファイルを読み込むことは出来ても、書き出すことは出来なかったはずなので、それをなんとかする必要があります。

NW.jsの中ではNode.jsが使えるという情報もありますが、もし本当ならNode.jsでセーブ機能を実装しようと思います。

サーバに依存しないダンジョン生成へ移行

サーバを介さないので、レスポンスは相当早くなりました。

f:id:mizukinoko:20190625153612g:plain

非常に大きい画面でプレイすることができるようになったので、やはりこちらのほうがゲームとしてはいいと思います。

ただ、なぜか0階層目から始まるバグがあります。

明日直しておきたいと思います。

NW.jsの勉強

とりあえずこちらのサイトを見てHello Worldを出しました。

NW.js によるアプリの実行 – iroha Tech Note

次に、実際にNW.jsを使ってアプリ化してみました。

f:id:mizukinoko:20190625172927p:plain

Electronと同じくらい導入は簡単にできました。

動作は少し重くなりましたが、Electronと同じくらいだと思います。

その他今日の面白バグ

画面の解像度を変更した際に起きたバグです。

f:id:mizukinoko:20190625154231g:plain

スクリーンサイズを小さくしてキャラクターを大きく表示させようと思ったのですが、こんなわけのわからないバグが生まれてしまったのでやめました。

 

本日の進捗は以上です。

それではまた明日。

プライバシーポリシー