仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

胆振東部地震でブラックアウトした時の話

昨日は非常食の話をしたので、今日は非常食を備蓄しようと思ったきっかけの「胆振東部地震」の時について書きます。

地震で停電してから復旧するまでの間について書いていきます。

地震発生時(午前3〜4時過ぎ)

この時からすでに電気が使えなかったと思います。

相当揺れたらしく、一緒に住んでいる家族は飛び起きて状況を確認していたらしいです。

一方の僕は爆睡していて、弟に叩き起こされるまで全く気が付きませんでした。
めちゃくちゃ呆れられましたね。

とりあえず外に出てたら街灯が全部消えてて星空が凄かったです。

二度寝する(4時〜7時)

テレビもネットも使えないので現在の状況がどれだけヤバイか全く分からなかった僕は「どうせすぐ復旧するだろう」と思って二度寝しました。

買い占めに出遅れる(8時半)

朝飯食べてコンビニにいったらすでに買い占められたあとでした。

近くのスーパーもすでに買い占められてましたね。

生協で並んでいる人たちは落ち着いた様子でした。

お風呂に水を貯める(10時)

断水するかもしれないと思ったので、浴槽いっぱいに水を貯めました。

電気が使えないので当然お湯が出なくて、いよいよこれはヤバいやつなんじゃないかと思い始めました。

デマが流れ始める(11時~)

・自衛隊の友人が地鳴りのような音を聞いたらしい。本震が来るから注意しろ。

・これから断水するぞ。

・電気が使えないから警察機能がマヒしていてヤバい。

などなど・・・根も葉もないうわさがネット上に出回っていました。

上二つはともかく、最後の警察機能がマヒするっていうデマはやっちゃいけない一線を越えてるなと思います。

ガソリンスタンドに長蛇の列

道路が渋滞するくらいの列ができてました。

こんなことが本当に起こるんだと心底びっくりしたものです。

夜になりろうそくを灯す

暗くなってきたのでろうそくで明かりをとりました。

意外とろうそくの火は明るかったです。

ガスは使えたので冷凍庫に入ってた豚肉で炒め物を作って食べました。

電気復旧(たぶん20時)

トイレに行こうとしたら街灯の電気がついてました。

僕の家は火災防止のため、通電時にショートしないようにブレーカーを落としていたので気づきませんでした。

インターネットの通信障害1週間ほど残った

個人で運営しているサイトだけでなく、Youtubeとかも動画によっては見れないことがありました。

まとめサイトも色々落ちてたような気がします。

意外だったのがAmazonのサーバーが落ちてたことです。

北海道のサーバー使ってたんか・・・。分散しとけよって思いました。

終わりに

まさか一か所の停電からここまで連鎖的して停電するとは思ってもいませんでした。

僕の家はガスなので火が使えましたが、オール電化だったらもっと大変だったと思います。

また同じような地震が起こった場合、今度は断水する可能性もあるので水と食料の備蓄は絶対に必要だと感じました。

 

停電明けに大学に行ったら同じフロアの研究室の教授がうなだれていました。

UPSを持ってなかったので計算中のマシンが全部死んでしまったらしいです。

 

プライバシーポリシー