仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

FireAlpacaでドット絵を描いてみる

EDGEが使えなくなったので

FireAlpacaというツールをダウンロードしてみました。

firealpaca.com

Macに買い換えたことによって、今まで使っていた「EDGE」というドット絵ツールが使えなくなったので代わりにインストールしてみました。

 とりあえず使ってみる

試しに48x48で描いてみます。

f:id:mizukinoko:20200428134101p:plain

慣れれば普通にドット絵は描けます。

たぶん1枚でも何かしら絵を描けば十分慣れると思います。

ただ一点だけ、どうしてもやめてほしいと思うのが、違うレイヤーの色をスポイトできてしまうことです。

よくレイヤーを切り替え忘れてそのまま描き進めてしまうことがあるのですが、スポイトをした時にアルファ色が帰ってくると「あっ!レイヤー変えてなかった!」って気づくことができます。

FireAlpacaでは違うレイヤーの色をスポイトできてしまうので、レイヤーの切り替え忘れに気づけないんです。

そこが唯一の注意点です。

しばらくサボってたら超絶へたになった

元から下手でしたが、サボったら輪をかけて下手くそになりました。

歩行グラを描くつもりでやっていたのになぜこうなるのか。

物凄い短足になりました。帽子がなくても多分短足になったと思います。

なのでもう一度描き直しました。

f:id:mizukinoko:20200428184911p:plain

48x64の歩行グラです。手と足を反転させれば歩いているように見えるはず・・・

結局サイズアップしないと収まらなかったです。

不思議ですが、ドット絵は小さいキャンバスの方が難しいと言われています。

実際、48x48よりも48x64の方が描きやすい気がします。

 

それにしても色のセンスが壊滅的です。これじゃ奴隷に赤マントと帽子を被せただけです。

なんか良い色の組み合わせがわからないんですよ。

ファッション雑誌とか色相学なんかを勉強すればいいんですかねぇ。

なんだかんだで色があってなければ全部台無しなので、どうにかしたいものです。

 

今日はこの辺で。それでは。

プライバシーポリシー