仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

インフルエンザって変異しすぎじゃない?

インフルエンザウイルスが毎年変異するから、ワクチン株を新しくして予防接種しているわけですが、そもそもなぜこんなに変異するんですかね?

麻疹や天然痘と違って、インフルエンザはやたらと変異している印象を受けます。

変異する理由

インフルエンザの遺伝子は「RNA」という遺伝子で、このRNAはコピーするときにエラーが出やすいタイプの遺伝子らしいです。

じゃあ麻疹は違うのかと思いましたが、麻疹もちゃんとRNAウイルスだそうです。

(前略)

原因ウイルスである麻疹ウイルスはParamyxovirus 科Morbillivirus 属に属し、直径100~250nmのエンベロープを有する一本鎖RNAウイルスである。

出典:http://idsc.nih.go.jp/vaccine/b-measles.html

なんやねん。じゃあなんで麻疹は変異してないんだ。

調べてみましたが、変異はちゃんとしているようです。ただ、変異しても現在のワクチンが効くらしいです。だから、さほど問題に上がらないようです。

よくわからん

インフルも麻疹も変異しているのに、ワクチンの効き目に差異があるのはなぜなんですかね?変異の仕方が麻疹に比べて大きいってことなんでしょうか?

そもそも、なぜ麻疹のワクチンは多少の変異に対応できているんでしょうか?

普通、変異したら効果無くなる気がします。

 

あとなんでコピー時にエラーが発生しやすいRNA遺伝子を使っているんでしょうか?

エラーが出ればそれだけ新しい種が発生するわけですから、多様性が生まれて種として生き残る確率が高くなる。と言えなくも無いですが、RNAはDNAの1000倍エラーを出すので、かえってマイナスになりそうな気がします。

いやでも増殖のスピードが半端ないから1000倍くらいでも足りないのか。どっちだ?

 

ここら辺は調べてもまったく分かりませんでした。分かる人いたら教えてください。

今日はこの辺で。それでは。

プライバシーポリシー