仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

MENU

ポーション釜を作る、ストーリーを練る

ポーション釜を実装

ポーション釜を描きました。アニメーション付きです。

f:id:mizukinoko:20200126201851g:plain

素材も投入できるようになりました。

ストーリーを考える

きっかけはこれです。

github.com

phina.jsでふきだしを使えるようにするプラグインです。

前々からキャラクターをしゃべらせたいと思っていて、探していたら見つけました。

しかし、ただしゃべらせても面白くないので、トルネコのようにゲームの進行に合わせてストーリーが展開していくようにしたいなぁと思ったわけです。

なので今日は作業の合間にストーリーを考えていました。

何となく大まかに構想は練りましたが、実装はもう少し待ってからにします。

こういうのは思いついた矢先にやると失敗するからです。

少し時間をおいて、またストーリーを見直してということを繰り返して「これでいい」と思うまでは見送ります。

 

ちなみに、このゲームのモデルであるポーションメーカーでも、ふきだしでキャラクターが話しかけてくるのですが、具体的なストーリーとかはありません。

しかし小説版があって、そこではポーションメーカーのストーリーが描かれているらしいです。まあ韓国語なので読めないのですが。

せめて英語版があればなぁ・・・

プライバシーポリシー