仕事やめたのでゲームを作る

トルネコの大冒険とポーションメーカーを足して2で割ったようなゲームをつくりたい

ゲームを作り始めて2ヶ月が経った感想

精神面での変化

昨日でブログを始めてから2ヶ月経ちました。ということはゲームを作り始めてから2ヶ月経ったということになります。

ゲームを作るという目標ができたことで、少しだけ明るくなった気がします。

新卒半月で仕事を辞めた時は絶望していましたが、無理やり目標を立てたことで気力を失わずに済みました。

ブログで進捗を毎日アップするというのもよかったです。

毎日誰かに見られていると思うと、自然とゲーム制作をやるようになります。

僕は自分の行動を誰かに監視されていないと、やる気が出ないタイプの人間なのかもしれません。

ということは、今回始めるバイトも続くのではないかと、ひそかに思っています。

よく考えたら、バイトを始めようという気になったのも、他の人のブログから元気をもらったのが理由なので、何かをやるにはブログはいいツールなのかもしれません。

 

ブログを始めた最初の頃は、自分の作ったものでお金を稼ごうという気はあまりなかったのですが、最近は「自分の作ったアプリで稼ぎたい」という欲がでてきました。

サーバサイドをいじるようになったことで作れる物の幅が増えて、作りたいものが増えたことで、こういう道も良いかなーと思うようになりました。

それに伴って、技術的な興味が増えました。

特に、CSSとかPHPとかWeb系の技術に対する興味が増えました。

自分にはどうやらWeb系の方が向いているらしいです。

技術面での変化

JavaScriptは大学生の時に少し触った程度だったのですが、この2ヶ月間毎日がちゃがちゃと触っていたおかげで、だいぶできるようになってきたと思います。

ただ、Web系のことを一切やっていないので、フォームからテキストを取得してサーバーに送ってデータベースで何かやる、みたいなことは全然できません。

これからは、Webアプリの制作もしてみたいと思います。

それこそ前に書いた「トリプルカラム法」のWebアプリを作ってみたいです。

 

先月と比べて、サーバサイドの勉強をするようになりました。

勉強したのは主にNode.jsですが、RubyやPHPについても少しやりました。

Node.jsは、ブラウザゲームの公開に必要ということもあり、それなりに使えるようになったと思います。

 

JavaScriptは使えるようになったけど、JavaScriptと組み合わせて何かを作るということは、まだ苦手です。

今後は、JavaScriptと何かを組み合わせてWebアプリを作っていきたいと思います。

 

プライバシーポリシー